サイトアフィリエイトで稼ぐ!

2012年12月19日

カニやればよかった

さて今年ももう終わり。ずいぶん早いものですね。アフィリエイトで一定の収入が発生するようになってからどうも怠けがちなところが今年の反省点です。

初心をわすれず邁進しようとおもいます。

ところでカニやっておけばよかったなあとつくづく思います。あんまり時期ものをやってなかったんですが、これからは時期モノも取り扱っておこうかと。

「カニなど報酬5%10%で金になるんかい」と思っていたのは大甘でした。こないだ懇親会でカニで稼いでいる人の話を聞いて衝撃が走ったものです。

あと服などのファッションのECショップなども面白いかもしれませんね。報酬は低いけど一般的に需要があるモノを扱うと爆発的に売れる可能性もでてきます。

来年はもう少し幅を広げてアフィリエイト展開していきたいな。

ということで今日はこの辺で。


posted at 23:00
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:カニやればよかった

日本語ドメインについておもったこと

日本語ドメインとはURLの表示が日本語で表示されるようなドメインのことです。

日本語ドメインを自分のターゲットキーワードで設定すると検索エンジン上有利になるわけです。

「英語.com」ならば「英語」というキーワードで他の「english.com」などにするより上位に来る可能性が高いということ。

検索エンジンがこれは「英語」のサイトなのだなと認識するわけです。

この日本語ドメインの優位性についてですが、個人的な見解として、その効果の大小は変化するとおもいますが、今後も変わらないのではとおもいます。

だって日本語のサイトだもの。たとえば表札に「yamada」と書いてあるのと「山田」と書いてあるのどっちがわかりやすいかといったら「山田」ですよね。

検索者のほとんどが日本人ということから言っても、日本語サイトのユーザビリティから言って日本語ドメインの優位性は変わらないということです。

ただ、その効果が過剰に評価されることは是正されてくるとおもいます。「日本語ドメインは一過性のものだからすぐ効果がなくなる」という方もいますが、そうではなく、あくまで検索エンジンの評価基準の一要素としての評価しかなくなるということです。

上記を前提として思うことは、

「英語・教材・口コミ」とか「www.足痩せダイエット.com」(ちなみに左の例ですと「.com.jp」という風に表示されるURLということ)とか無理やりキーワードを入れたようはものはいかがなものかと。

見ていて「格好わるいなあ」としか言えません。あからさまに「何か仕掛けてそう」と警戒感を沸き立てます。

だから日本語ドメインについては、自分のサイトをうまく表してくれるような短くスッキリしたフレーズがあればそれを取り、そうでないなら英語名のドメインでいいのではないかと。

複合キーワードを無理やり入れたようなドメインにするのは反対ですね。
posted at 00:21
Comment(0)
カテゴリー:SEO対策
エントリー:日本語ドメインについておもったこと
2012年12月16日

さてそろそろSEOやるかあ

さてそろそろSEOでもやるかあ。

しばらく自演リンクの類はやってなかったんですが、一部で復活。

あるキーワードでASPの担当者から「このキーワードで一位なら月30は固いですよ」っていわれたからなんですが。

でちょこちょこ調査した結果、中規模程度の難易度。これなら一位は狙える!(はず)

だったら30万報酬を上積みしてやろうじゃないですか。

メインサイトは新規で作って、派生キーワード、商品名はオールドドメインで攻めると同時にリンク供給源。

さらに無料ブログとワードプレスでリンクパワーを補完すれば死角はありません。

とはいえ結果がでるのは年明けかな。
posted at 12:40
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:さてそろそろSEOやるかあ
2012年12月15日

インフォトップから謎の入金

先日、インフォトップから数万円謎の入金がありました。

インフォトップの支払いは毎月5日ですからね。入金があったのは10日前後。

「このお金はいったいなんなのだろう??」

と考えた結果、「これはインフォトップの間違えに違いない!」という結論に達しました。

結構いい加減な会社だなあなんて思ってたんですが、今日、ふと気付きました。

「これインフォトップの携帯アフィリ版のRMOの売り上げか」(ttps://rmo.jp/)

調べてみたらそうでしたね。昔、モバイルアフィリエイトアカデミー受講時代につくったサイトから収益が上がっていたようです。

すでにASPチェックもしてなかったですね。

そうそう上記ASPは情報商材のサイトアフィリをやってる方はチェックしておいたほうがいいです。URL振替ツールなどを使って携帯からのアクセスはRMOのサイトへ、PCはインフォトップのサイトへという風に振り分けておかないとモバイルユーザーを取り逃がしてしまいます。
posted at 19:21
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:インフォトップから謎の入金
2012年12月14日

厚生労働省のロゴを使って、カードローンアフィリエイト

今日ニュースを見てたらアフィリエイトの話題が出てきました。

悪いニュースですけどね。なんども厚生労働省のロゴをサイトに使ってカードローンのアフィリをしていた不届き物がいるとか。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121214-00000001-asahi-soci

まあ、カードローンで直球攻めをしないで生活保護というキーワードを絡めた当たりキーワード選定において勉強になりますが(笑

[カードローン→金が欲しい人→金がない人→生活保護を考える人]

というようにキーワードを掘り下げたのでしょう。キーワード選定のお手本のようですね。

とはいえ、厚生労働省など権威が強いところのロゴを勝手に使ったり、生活保護について嘘の(意図的に)情報を書いたり。

金がほしいのはわかりますが、一部のアフィリエーターのモラリティのなさは他のアフィリエーターにも影響を及ぼします。

こういう人がいると業界の規制が強くなるのでやめてほしいものです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。