簡単!アフィリ講座

「簡単!アフィリ講座」の有益情報をお届け!

アフィリエイト100日で月30万を目指す!

サイトアフィリエイトで稼ぐ!

2013年08月29日

サイト作成において初心者が注意すべきこと

かなり初期に作ったサイトの手直しをしていました。

かなり放置しているサイトやペナルティー食らって削除したままのサイトが結構あるのです。

まあそういうサイト群にも頑張ってもらおうと修正していました。

それにしても、自分の作った初期サイトを見ると

「かっこ悪い」

の一言です。

まあデザインがどうとかそういうのではなく(サイトデザインレベルはあまり上達していません(汗 )

ようは色使い過ぎ・・・

シリアスでサイトを作ると簡単に色付けれるわけですけど、調子に乗ってペタペタやっちゃうわけです。

すごいカッコ悪いし、読みにくい。

これはライバルサイトを見るときに結構感じるのですが、色使い過ぎは逆効果!です。

とくに初心者の場合はペタペタやってしまう傾向があるので、色をつけるところはホントに結論のみ。と自重しましょう。


2013年08月03日

ペラサイトのSEOとその誤解

今日はペラサイト編第二回目「ペラサイトのSEOとその誤解」について語ります。

私も誤解していたんですが、ペラページ戦略について誤解している方が多いですね。

要はライバルの多い場所にペラサイトを強引にねじ込むと。

だからみんな言うわけです。

「goolgeが厳しくなったからもうペラの時代は終わりだよ」と

これが根底的に誤りなんですね。

そうじゃなくてライバルがいないところにペラを設置するんですよ。

時にはライバルサイトの下層ページのタイトルにも入っていないキーワードで。

実際ライバルサイトを開いてみても、そのキーワードのことについてあまり触れてないとか。

そういうところにペラでしっかりキーワードから回答記事につなげているサイトがあったら、上位表示せざる得ないじゃないですか。

まあ、とはいってもやはり自作リンクは数本つけなければならなそうですが。

さて次回はアフィリエイトサイトのペラ戦略最終回・・・・あれ?何書こうとしたんだっけ?本格的に忘れた。

思い出したら次回に続きます。
posted at 23:27
Comment(0)
カテゴリー:簡単!アフィリ講座
エントリー:ペラサイトのSEOとその誤解
2013年08月02日

ペラページ量産について思うこと

数日前からちょこちょこペラページ量産を始めていますが、結構おもしろいのでびっくりしました。

まあ実際5〜10ページ程度入れてしまうのもあるんですが。

まずサイト完成までの期間が短い。30分から2時間程度です。

ホントにサクッと完成してしまう。

そしてこの短期間の中にサイトアフィリエイトの重要な作業がすべて詰まっているんです。

キーワード選定、広告選定、タイトル決定、キーワードから広告までの誘導・・・

さすがにSEOまでは手が回りませんが。

次にインデックスして即効で1ページ目にくる。まあそれだけ弱いところを攻めているというわけです。

とはいえ、ここまで弱いところだと1ページ目では不十分で、3位以内に入らならないとアクセスないみたいですね。

まあそれはおいおいの課題として。

というわけでペラ量産はサイトアフィリの基礎を固めるにはもってこいなのではないでしょうか。

サイトアフィリでの稼ぎ方が確立している人はともかく、そうでない方はペラ量産から始めることをお勧めします。

また私みたいに伸び悩みを感じている人にもお勧めします。

アフィリ初心者のブログとか見ると

「人の役に立つサイトを作りたいからペラはやりません」
「人に感謝されるサイトを作りたいです」

って人も多いように感じますが、これはもったいないですね。

人に役に立つサイトって一夜にして出来ないんですよ。3か月半年、もしくは一年という長い時間をかけてようやく構築できる。

そうすると自分のやっていることが正しいのかそうでないのかわかるのがずーと先になるわけじゃないですか。

一年たって「ああ、自分のやったことは方向が間違っていた」なんて笑えない状況に。

何事も失敗を積み重ねることが成功への近道です。ペラで失敗しまくって実力を養成→パワーサイト構築という流れが一番かと思います。

私も実際やってみてキーワードに対する知覚が研ぎ澄まされてきた気がします。気のせいかもしれませんが(笑

長くなったんでまた次回。

次回は、ペラとSEOについて語ります。全3回を予定。


posted at 20:12
Comment(0)
カテゴリー:簡単!アフィリ講座
エントリー:ペラページ量産について思うこと
2013年06月30日

引き上げベルトのサイト

以前のこの記事を書いた時、市東セミナーに関連して記事を3日後に記事を更新しますといったんですが、書くことなく既に2週間ばかり。

重い腰をようやくあげました。

今日の記事はサイトアフィリで月5万以下の人に対してのアドバイスです。

セミナーの中で、TVでた蔵に関連して「引き上げベルト」紹介されたと思いますが、

その時、太田さんの「早い人はもうドメイン取ってますよね」との言葉に脊髄反射して、自分もドメイン取ったんですよ。

コンマ差で取得。10秒後には日本語ドメインがすべてなくなってました。

市東セミナー、このブログからいつになく申し込んでくれた人がたくさんいたんで、その特典かねて参考サイトとして紹介しようかなと。

引き上げベルト

報酬が月5万以下の人は、こんな感じでサクッとサイトを量産していけばいいじゃないですかね。

そもそも、このサイトが儲かるかどうかはわかりませんが、量産していけばいつか金脈にたどりつくでしょ。

一応、簡単に解説すると:

「引き上げベルト」の紹介をさっとして、ただ皮膚を引っ張る美容法だと即効性がありますけど、物足りないですよね。

だから内部からきれいになる美顔器はいかがですか?って感じ。

一応筋は通ってるでしょ。論理の。

アマゾンの商品とか売っても儲けにはなりませんから、強引でもなんでもいいから論理をつくって別の商品に誘導。

そもそも通常のASPにないキーワードをひろってきてますから、ライバル少ないんですよ。

(「引き上げベルト」の場合はセミナーで公開されましたので微妙ですが。)

で、このサイトを作るにあたって「でた蔵」をチェックしたんですが、ドメイン空いているキーワード結構見つかりました。

セミナーの中で、「これだけの人に教えたら飽和しませんか?」ってのがあったんですけど

ほとんど人は「なるほどな〜」ってだけでサイトつくらないんですよ。

これはホントに実感しましたね。

まあ自分もセミナー以来、初めてチェックしたんですけどw

サイトアフィリで稼ぎたかったら「飽和、飽和」言ってる前にサイトつくりなさいってことです。

だいたい「飽和飽和」言っている人にロクな輩はいません。
(これについては過去記事参照

それにしても、いまは無料でもいい情報流してくれる人がいて助かります。

もちろん宣伝の一環としてですが。

無料動画のコメントでよくありがちな「結局金儲けなんですね」とかワケわからないこと言う前に素直に学習するのも吉ではないでしょうか?
posted at 06:55
Comment(0)
カテゴリー:簡単!アフィリ講座
エントリー:引き上げベルトのサイト
2013年05月28日

ちょっとサイトアフィリについて思い違いをしていた

こないだふと気がついたんですが、

ちょっとサイトアフィリについて思い違いをしていた

ということです。

何を思い違ってたかというと、どうも見込み客を自分で説得しようと説得しようと考えていたんですね。

延々と長いページを作って最後にリンクってのが多いんですよ。自分のサイト。

この自分で見込み客を説得して商品を売る、まあ間違えというわけではないんですが、それほど効果はないかなと。

だって結局最後の決め手は企業のランディングページですから。

購入の決め手になるのは企業のランディングページなんです。

そこを間違えてこちらが青筋立ててまくしたてても労力の割に効果は少ないんですよ。

これは例えば男女の仲介役に似てますよね。

自分の同性の友人を、異性の友人に紹介するとします。

「こいつ凄くいいやつで、うんぬんかんうん・・・。もう付き合っちゃいなよ。」

となんか友人の代わりに相手を口説いている状況に似ています。

その結果は

「ふーん、でもその人に実際あって考えるね。」

ってこれで終わりでしょ。まあマイナスとはいいませんが、それほど効果はないですよね。実際。というかウザいですよね。

いい仲人は、「これこれこういう人がいるんだけど合ってみない?」と時間と場所をセッティングして後は二人に任せる。せいぜい場の空気だけ作るくらい。

アフィリエイトも同じで説得は企業のHPに任せりゃいいんですよ。アフィリエーターがやることでもないのではないかと。

だって結局商品売っているのは企業なんだから。それをわきまえないでいろいろ説得しようとするとどうしてもステマっぽくなるわけです。

ステマ自体どうでもいいんですが、訪問者もやり過ぎ感を感じて引くんじゃないかと。

要は広告主のランディングページを信頼して、見込み客を投げちゃえばいいわけですね。

そうするとアフィリエーターの仕事は見込み客を集客して、リンクを踏ませるだけ。

もちろんジャンルによっては違いますよ。たとえば稼ぐ系のノウハウとか海外サーバーとかランディングページだけでは商品の価値が伝わってこないものや個人的に調査が難しいもの、また設定が難しいものを代わりに調査して分かりやすいマニュアルとともに紹介するということが有効でしょう。

でもそんなのほとんどないじゃないですか。青汁とかコスメとか。エステとか。そんなんだったら難しいこと考えずにどんどん見込み客を企業HPに放りなげちゃえばいいんです。

そうするとずいぶんアフィリが簡単になったなという印象です。

あとは、キーワードと文字数だけ。

記事は、じっくり読ませるというより、集客用ですね。

実際、ボリュームが多いサイトがいいサイトとは限らないんですが、一般的にボリュームが多いサイトのほうが価値が高い場合が多いし、検索エンジンも評価してもらえる。

だからロングテールで拾えそうなキーワードは個別ページにたたきこんで、記事を作っていく。内容はそれほど関係ない。せいぜいリンクまでの導火線が問題になるくらい。

それだったら外注さんやら記事作成代行会社にどんどん書いてもらったのアップすればいいじゃないですか。

というか記事作成代行会社の場合、キーワードも見つけてくれるじゃないですか。

サイトアフィリって簡単だったんだと今になっておもいました。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。